たまゆらの一写一句。~Always Railways~

「哀愁のカメラマン。」改め、「たまゆら。」です。

夜霧の会津坂下。



会津若松から会津坂下まで、夜に汽車に乗ると、車窓は暗闇の世界となる。
灯りといえば、沿線から見える範囲で、家から漏れる光、駅の灯り、生活道路の街灯のみ。
会津坂下までほぼ真っ暗。

窓は外気温の差で白くなっている。
それでも只見線は、真夜中の会津盆地をエンジンを轟かせながら疾走する。

高速道路をくぐり抜け、会津坂下に近づくと、中学校や高校のグラウンドの灯りが煌々としているのが見えた。
でも、ちょっと違和感があった。

それは、長時間列車で移動してきた疲れと感じた。
しかし、それはグラウンドのライトを見てわかった。

霧だ。
夜霧である。

秋になると会津盆地では、霧に覆われる。

それにヤケに明るい光源がグラウンドのライトと逆に方角にあるなあ~と振り返ると、
まんまる満月が。

霧に包まれた街から見上げる満月は、幻想的だった。

今日の夜鉄は、ここで。

平成25年11月16日 只見線 会津坂下駅
スポンサーサイト
  1. 2013/11/22(金) 13:33:18|
  2. 夜鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<My Tokyo Nightscape #20 | ホーム | 月のホテル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yoroshikuaishu.blog.fc2.com/tb.php/270-335debc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たまゆら。

Author:たまゆら。
「哀愁のカメラマン。」改め、「たまゆら。」です。
写真は、結局ファインダーのだけの世界。その世界は、狭いようで懐が広く深い。「凄い!」写真は、ありませんが、日常に溶け込んだ鉄道写真、たまにエッジの効いたスナップ!?を撮っております。
たまゆら。は数時間待っていても、その瞬間にも、その一瞬のために、数秒のために、現れる鉄の宴のために、今日もシャッターを切る。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
ブログ (29)
コラム (23)
只見線(魚沼側) (31)
只見線 (296)
モバイル・パソコン関連 (3)
B級グルメ (2)
中央本線 (91)
カメラ関連 (2)
東北・上越・北陸新幹線 (11)
がんばれ!京王線 (50)
小湊鐵道 (15)
建築物・その他 (6)
音楽 (1)
会津鉄道 (81)
いすみ鉄道 (1)
東武鉄道 (29)
京王井の頭線 (10)
ゆりかもめ (1)
東海道新幹線 (7)
夜景 (36)
磐越西線 (11)
野岩鉄道 (31)
都電荒川線 (4)
小便小僧 (7)
夜鉄 (21)
宇都宮線 (10)
JR貨物 (1)
街撮り通りの人びと。 (7)
わたらせ渓谷鉄道 (1)
北越急行 (1)
京浜東北線 (19)
岳南鉄道 (1)
湘南新宿ライン (8)
帝都高速度交通営団 (5)
南武線 (4)
山手線 (83)
総武線 (8)
京成電鉄 (7)
小田急電鉄 (1)
東京メトロ 副都心線  (1)
信越線 (1)
多摩都市モノレール (4)
小便小僧のある風景。 (14)
武蔵野線 (2)
東北本線 (3)
NICHIJYO (1)
都営地下鉄 (5)
Tokyo shutters (5)
スナップ (2)
小海線 (2)
西武鉄道 (1)
鶴見線 (5)
伊豆急行 (3)
東海道本線 (1)
上野東京ライン (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR