たまゆらの一写一句。~Always Railways~

「哀愁のカメラマン。」改め、「たまゆら。」です。

My Tokyo Nightscape ~特別編~ 福島県柳津町 #1



柳津の夜

それはシバれる夜

温泉は

凍てついた体を

温めてくれる

ココロのコリも。


平成26年1月15日 福島県河沼郡柳津町 国道252号線 瑞光寺橋
スポンサーサイト
  1. 2014/02/28(金) 09:46:18|
  2. 夜景
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

絹を纏う三島の谷。



前日は吹雪だった。

まるで綿菓子のよう

まるで絹のよう

純白のドレスを纏った三島の谷を

列車が過ぎていく。


平成26年1月14日 JR只見線 会津檜原~会津西方

  1. 2014/02/27(木) 18:06:42|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

純白の世界。



綿菓子のように染め抜いた雪。

タイフォンは遠くから聴こえてくる。

そう、聴こえてくる。


平成26年1月14日 JR只見線 会津中川~会津川口。
  1. 2014/02/25(火) 20:55:03|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それぞれの旅。



「旅。」

といえども、始まりはいつも驛舎。

窓口がある駅は少なくなった。

まして、やりとりする白い式台も見なくなった。

「今日~さ、どこ行くんだべ?」と

田舎訛りの飛び交う待合室で

今まで感じたことがない、でも感じたことのある「この感覚」。

今日も驛舎に一日が始まる。

平成24年11月5日 JR只見線 JR会津宮下駅。
  1. 2014/02/22(土) 17:59:49|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ココロのとびら。



疲れたときは帰っておいで。

熱燗作って待ってるから。

肴は何にするっ?

いつもの田舎訛りが、いつも以上に恋しい。

暖簾をくぐれば、慰めてくれる人がいるから。

そう、、、、、いるから。


平成25年6月1日 会津宮下駅近くの双葉食堂。 (写真と文章とは全く関係ありません。)



  1. 2014/02/21(金) 08:34:25|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪深き東京。



東京は何年かぶりの大雪。

路面はうっすら白い頃。

積もるレールに雪の多さを知る。

いつ止むのだろうか?

感じていた。


平成26年2月8日 京王線 芦花公園駅。


  1. 2014/02/20(木) 18:45:57|
  2. 街撮り通りの人びと。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

哀愁の只見線 冬。



会津平野は雪原。

一番列車が寺崎を過ぎた頃に

タイフォンで目覚めた微睡み。

ふと窓をのぞけば、粉のしぶき。

今日が始まる。始まろうとしている。

平成26年2月7日 JR只見線 根岸~新鶴 車内にて。

  1. 2014/02/19(水) 16:55:31|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大雪の夜は。



東京の週末は二週連続の大雪。

いつになく、落ち着かない日々が続いた。

雪になるとドキドキするのは、ガキの頃と

全く変わっていない童心の自分に気づいた。


今日の夜鉄はここで。

平成26年2月8日 総武線 代々木~新宿。

  1. 2014/02/18(火) 17:22:01|
  2. 夜鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪原の疾走。



会津平野は雪原となり

一面を真白に覆い尽くした。

まるで、細かなダイヤモンドダストのように

巻き上げて疾走するあなたを見てた。


平成26年2月7日 JR只見線 若宮~会津坂下。


  1. 2014/02/13(木) 21:12:31|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

My Tokyo Nightscape #33



冬の夜は空気が澄んでいて撮影には好条件。

ただ底冷えする東京の気候には悪条件。

といっても、徘徊してしまうのが、夜景を撮る自分のSaga。

今日の夜鉄はここで。

平成25年12月25日 JR東京駅丸の内口 @東京中央郵便局「KITTE」屋上より。

  1. 2014/02/09(日) 17:34:50|
  2. 夜鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今となっては、、、、、



これを撮影したのは、奥会津へ通いだした頃だったと思う。初めて降りたJR只見線早戸駅。
午前に二本撮ったあと、次に列車の走行姿を撮れるのは4時間後ということで、駅周辺を目に入ったものを
撮っていたんだと思う。

この頃はすでに、一日一往復であったと思う。

現在は周辺が一変してこのバス停の標識も無くなってしまった。

そう、今となっては、、、、、、最近のことだが、懐かしい。


福島県大沼郡三島町早戸駅近く。
  1. 2014/02/03(月) 20:54:18|
  2. 街撮り通りの人びと。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光。





光りの径。


平成23年8月3日 東京・芝 芝公園。
  1. 2014/02/01(土) 16:33:38|
  2. 夜景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

たまゆら。

Author:たまゆら。
「哀愁のカメラマン。」改め、「たまゆら。」です。
写真は、結局ファインダーのだけの世界。その世界は、狭いようで懐が広く深い。「凄い!」写真は、ありませんが、日常に溶け込んだ鉄道写真、たまにエッジの効いたスナップ!?を撮っております。
たまゆら。は数時間待っていても、その瞬間にも、その一瞬のために、数秒のために、現れる鉄の宴のために、今日もシャッターを切る。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
ブログ (29)
コラム (23)
只見線(魚沼側) (31)
只見線 (295)
モバイル・パソコン関連 (3)
B級グルメ (2)
中央本線 (90)
カメラ関連 (2)
東北・上越・北陸新幹線 (11)
がんばれ!京王線 (50)
小湊鐵道 (15)
建築物・その他 (6)
音楽 (1)
会津鉄道 (76)
いすみ鉄道 (1)
東武鉄道 (25)
京王井の頭線 (10)
ゆりかもめ (1)
東海道新幹線 (7)
夜景 (36)
磐越西線 (11)
野岩鉄道 (25)
都電荒川線 (3)
小便小僧 (7)
夜鉄 (21)
宇都宮線 (8)
JR貨物 (1)
街撮り通りの人びと。 (7)
わたらせ渓谷鉄道 (1)
北越急行 (1)
京浜東北線 (17)
岳南鉄道 (1)
湘南新宿ライン (5)
帝都高速度交通営団 (3)
南武線 (4)
山手線 (73)
総武線 (7)
京成電鉄 (7)
小田急電鉄 (1)
東京メトロ 副都心線  (1)
信越線 (1)
多摩都市モノレール (4)
小便小僧のある風景。 (14)
武蔵野線 (1)
東北本線 (3)
NICHIJYO (1)
都営地下鉄 (3)
Tokyo shutters (5)
スナップ (2)
小海線 (2)
西武鉄道 (1)
鶴見線 (5)
伊豆急行 (3)
東海道本線 (1)
上野東京ライン (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR