たまゆらの一写一句。~Always Railways~

「哀愁のカメラマン。」改め、「たまゆら。」です。

只見線の始発列車。

哀愁のカメラマンのブログ


只見線の始発は朝早い。


AM5:59。


なぜ、この時間なのか?未だによく理解できません。


夜行のJR高速バスが会津若松駅に5:20に到着する時間に合わせているのだろうか?


前泊で駅前グランドに泊まっていれば、関係のない話。



433Dは坂下で432Dで若松にもどってくる。程なくして、435Dとなって、川口へ向かい、422Dか424Dとなって、若松へもどってくる。


ちなみに、427Dは川口で430Dとして若松へもどってきたあとは、一度電車区へ行ってしまう。


431Dは、川口で434Dで若松にもどってきたとしても、437Dの終電で若松を発ち、川口へ終着、そのまま翌朝の422Dか424Dとして若松へもどってくる。


そんなこと、どうでもいいって?



そうです!  どうでもいいんですけど、気になっていることが、、、、、


422Dは、425Dで川口にもどり、428Dで若松着。


423Dは、426Dとして戻ってきたあと、電車区へ。


ちなみに、この423Dはいつからここにいるんだろう。


ましてや、運転手さんが両手で持っているモノって、「車輪止め」でしょうね。


普段は見ることのできない光景ですかね。。。。。


しかし、若松に戻ってくる列車の中では、しっかり「車輪止め」を見ることができる機会があります。


駅のホームへ滑り込む直前の階段の下にちょこんと、置いてあります。


気になった方は、見てみてくださいね。


くだらないことに、付き合ってくださりありがとうございます。


只見線のちょっとマニアな話でした。

スポンサーサイト
  1. 2013/02/21(木) 18:24:49|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中央線朝焼慕情 その2


哀愁のカメラマンのブログ


それは、曇りの日には、現れるかどうか分からない。


却って、曇りすぎても出てこない。


天気予報は、あくまでも予報であって、その予報は、分かりやすく言えば「予想」である。


今日に、出会えるかどうかは、来てみなければ、分からない。


気まぐれ天使。。。。



それは、予定の時間になっても、焦らして、出てこない。


そう考えていたら、普段は見ない列車が通り過ぎていった。。。。。



何だ?


臨時列車か、、、、、、



今日は、朝靄は現れなかった。。。。。。というより、シーズンは終わったようだ。。。。。。。また来年ということで、、、、


  1. 2013/02/16(土) 20:00:00|
  2. 中央本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

只見線「会津うんめぇもん散歩」金山町 その5

近況はというと、相変わらず、頭は只見線に占拠されている哀愁のカメラマンでございます。


先日、只見線撮影の際に、いつもお世話になっている、金山町観光情報センターOASISへ伺いました。


前回伺ったときには、金山町特産の赤かぼちゃの雪花菜かりんとうを購入して食べたら、これが旨いこと!


その第二弾のようです。それが、こちら。。。。。



哀愁のカメラマンのブログ


金山町特産のえごまのおからかりんとうです。えごまの独特の香りは、感じられません。トッテモ食べやすく、おいしゅういただきました。


ちなみに、えごまとは、、、、、


シソ目シソ科シソ属とのことです?????青紫蘇と見分けがつかないとウイキペディアにありました。


別名「ジュウネン」。

食べると十年長生きできる、といういわれがあるとのことです。


えごまの効果がよく理解できないので、シソについてウイキペディアで調べてみたところ、、、、、



カロテンビタミンBカルシウム食物繊維、カリウムなどの栄養素を非常に多く含み、特にβ-カロチンの含有量は、野菜の中でトップクラスである。 また、紫蘇特有の香りの元である、ペリルアルデヒドは、臭覚神経を刺激して胃液の分泌を促し、食欲を増進させるほか、健胃作用や食中毒の予防にも効果がある。


とありました。


黒糖のかりんとうもいいですが、えごまの、それもおからかりんとうですから、

大豆も摂取できて、非常に栄養価が高いことを理解できました。



これは、金山町観光情報センターOASISで、購入可能です。つまり、ここでしか、買えません。


訪れたときの特権です。


会津若松にはありません。東京の福島県物産センターにあるかどうかは、、、、、


ローカルなところには、私が求めている地元の隠れた名産があることを、再認識しました。やっぱり日本人でよかった~ぁ!!!

  1. 2013/02/14(木) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は何の日?

今日は、バレンタインデーということで、街ではたくさんチョコレートが売っていましたね。


先日、新宿のデパ地下にあるお弁当屋さんの途中で、目に止まったモノがありまして、つい購入しまして食べてみました。これです。



哀愁のカメラマンのブログ

モンロワールというお店のリーフメモリーというチョコレートです。


ピンク色とお茶色している小包がたくさん入っています。


ピンクには、ホワイトチョコとビターチョコ、お茶色には、抹茶とビターチョコが入っています。


一つの小包には、5~6個くらい入っていて、ちいさな針葉樹の形をしていて、とても可愛らしく見えます。


それに、一つに数が決まって小分けしてあるので、食べ過ぎることがないことが、このお菓子の良いところかな。


ゴディヴァもいいけど、こういうモノもあるんだってとこで、、、、

  1. 2013/02/14(木) 18:00:00|
  2. B級グルメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

只見線「会津うんめぇもん散歩」只見町

ついに!只見線沿線でのうんめぇもん散歩は、只見町へ入りましたっ!


只見町観光協会の皆さん見てますか~ぁ!!!

来ましたよっ!猛吹雪の中っ!



が!!


というより、撮影期間では、大雪のためウヤがあり、暇になってしまいました。


会津川口駅で、頭の中が、そして僕は途方にくれるの音楽が流れるなか、、、、あることを思い出しました。



という訳で、、、、、


同行していた友人と協議。車で、只見町名物のマトンケバブを食べに行くことにしました。


只見町といえば、「山六」食堂がよく知られているようです。


最近、国道沿いのヤマザキの2階にマトンケバブのお店が開店したことを知っていましたが、行って食べたことがありませんでした。


というわけで、片道1時間かけて、、、、、



このときの様子は、また別の話。。。。。。

到着して、マトンケバブとコーヒーで700円です。

哀愁のカメラマンのブログ



哀愁のカメラマンのブログ

八重たんの缶バッジがありましたので、いただいてまいりました。


帰りも、1時間かけて、会津川口へもどりました。。。。。


だっふんだぁ~



  1. 2013/02/13(水) 17:50:16|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

只見線「会津うんめぇもん散歩」三島町 その4

只見線会津宮下駅徒歩すぐ。


カレーラーメン!!!


哀愁のカメラマンのブログ


食べたければ、列車の合間に、行って食べてみてください。



ここでしか、食べられないモノがあります。。。。。奥会津、みすてりあす街道。



  1. 2013/02/12(火) 21:21:20|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中央線朝焼慕情 


哀愁のカメラマンのブログ


冬の朝は、身に凍みて、凍えて寒い。しかし、楽しみもあるものだ。


しかし、それは早朝の日の出前では、太陽光が川面を照らすことはないため、目にすることはできない。


微かな太陽の木洩れ陽の如く日の出直前は、辺りが夕方の黄昏のような彩り。


そして、それは、日の出とともに辺りを太陽が照らされると現れる。そこに豊田電車区から新宿に回送される「あずさ・かいじ」の特急車両が通過していった。


その光景を目にした、そしてシャッターを静かに切った。


こうした素敵な出会いがあったから、今日もガンバれる。


そう、、、、あなたに出会えたから。。。。。。



平成25年1月

中央本線 日野~立川。

  1. 2013/02/05(火) 20:00:00|
  2. 中央本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロセス。

撮影地に行くには、必ずそこまで行くまでのプロセスがあります。


只見線の撮影地の多くは、危険を伴うところがあるので、必ずしも万人受けするものではないことを、お伝えしなければなりません。


あくまで、撮影地に行くのは、「自己責任」です。


それを踏まえて今日のブログをスタートします。



先月の撮影地レポートです。


第三鉄橋県道側、通称;第三県道。


早戸駅から宮下方向へ国道252号線で、竹の家旅館の先のS字坂を下って、早更橋を渡り、三更へ入ります。


そこから、道なりのなだらかな坂を登っていくと、右に沼沢湖へ行く道とぶつかります。そこを左に行きます。


どんどん下っていくと、右に沼沢発電所があり、トンネルを進みます。


途中で、トンネルの電灯がなくなり、真っ暗。。。。。。。


しばらく行くとトンネルの出口に着いたら、、、、、、、




哀愁のカメラマンのブログ


まさかまさかの膝上。。。。。


この時点で、体力を使い果たしそうな状況だったので、引換しました。



もちろん、写真のためなら、行くことも考えましたが、、、、、



「写真より、命!」



命がなければ、写真もできなくなる。


そういう結論だったのです。



友人の証言によれば、1月はじめでは、あんまり積もっていなかった、、、、


楽勝!


と、ありましたが、、、、、、、



奥会津、、、ナメてはいけません!



もう一度言います。



撮影することは、自己責任が伴います。


あなたが、その場所へ行っても誰も助けてくれないのです。


ここへ行くことは、はっきり言って、「サバイバル」です。





厳しいことをお伝えしましたが、奥会津の冬は、本当にマジで、厳しいっす!

  1. 2013/02/04(月) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

たまゆら。

Author:たまゆら。
「哀愁のカメラマン。」改め、「たまゆら。」です。
写真は、結局ファインダーのだけの世界。その世界は、狭いようで懐が広く深い。「凄い!」写真は、ありませんが、日常に溶け込んだ鉄道写真、たまにエッジの効いたスナップ!?を撮っております。
たまゆら。は数時間待っていても、その瞬間にも、その一瞬のために、数秒のために、現れる鉄の宴のために、今日もシャッターを切る。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
ブログ (29)
コラム (23)
只見線(魚沼側) (31)
只見線 (296)
モバイル・パソコン関連 (3)
B級グルメ (2)
中央本線 (90)
カメラ関連 (2)
東北・上越・北陸新幹線 (11)
がんばれ!京王線 (50)
小湊鐵道 (15)
建築物・その他 (6)
音楽 (1)
会津鉄道 (80)
いすみ鉄道 (1)
東武鉄道 (29)
京王井の頭線 (10)
ゆりかもめ (1)
東海道新幹線 (7)
夜景 (36)
磐越西線 (11)
野岩鉄道 (28)
都電荒川線 (3)
小便小僧 (7)
夜鉄 (21)
宇都宮線 (8)
JR貨物 (1)
街撮り通りの人びと。 (7)
わたらせ渓谷鉄道 (1)
北越急行 (1)
京浜東北線 (19)
岳南鉄道 (1)
湘南新宿ライン (5)
帝都高速度交通営団 (4)
南武線 (4)
山手線 (74)
総武線 (7)
京成電鉄 (7)
小田急電鉄 (1)
東京メトロ 副都心線  (1)
信越線 (1)
多摩都市モノレール (4)
小便小僧のある風景。 (14)
武蔵野線 (2)
東北本線 (3)
NICHIJYO (1)
都営地下鉄 (3)
Tokyo shutters (5)
スナップ (2)
小海線 (2)
西武鉄道 (1)
鶴見線 (5)
伊豆急行 (3)
東海道本線 (1)
上野東京ライン (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR