たまゆらの一写一句。~Always Railways~

「たまゆら。」です。

さくらに誘われて 小湊鉄道 その2


哀愁のカメラマンのブログ

小湊鉄道の春は、菜の花と桜が彩ります。


これは、どうしても撮りたかったアングルからの一枚。


望遠レンズでもうちょっと遠くから、撮りたかったけど、手間えの菜の花をぼかしてみました。


2012年4月 小湊鉄道 里見駅

スポンサーサイト
  1. 2012/06/30(土) 20:00:00|
  2. 小湊鐵道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて 小湊鉄道 その1


哀愁のカメラマンのブログ

小湊鉄道は、昭和が薫る古いディーゼルタイプの列車が走る私鉄ローカル線。

ほとんどが、無人駅なので、きっぷは列車の車掌さんから購入することになります。

そのスタイルが、昔ながらの車掌鞄を持って、紙ベースのきっぷで、専用の鋏でパチパチと

切ってくれます。それがまた昭和って感じがして好きですね。


2012年4月 小湊鉄道 里見駅にて。

  1. 2012/06/29(金) 20:00:00|
  2. 小湊鐵道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春のそよかぜに誘われて 中央本線 その2


哀愁のカメラマンのブログ

昨日の場所から、5~6分歩いてきた小さな丘にちいさな菜の花畑があったので、そこでパチリ。


もっと晴れていたら、空に八ヶ岳が見えます。


一面桃畑ですが、造成されている最中で、休耕田が多くあります。


桃栗3年柿8年........


でも、すこしづつ桃の苗木を植えていますから、あと3年経てば、素晴らしい風景を見ることができる


ので、今から楽しみです。


2012年4月 中央本線 新府~穴山 新府桃源郷にて。

  1. 2012/06/28(木) 20:00:00|
  2. 中央本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春のそよかぜに誘われて 中央本線 その1


哀愁のカメラマンのブログ

哀愁のカメラマンのブログ

スーパーあずさは、先頭がスマートなので、カーブを高速で、まくって行く姿が、めちゃくちゃカッコイイ!


哀愁のカメラマンのブログ

すべて同じ場所、同じ日に撮影した特急あずさとスーパーあずさ。


ピンクの花は、桃の花です。


雪がかかった山は、甲斐駒ケ岳です。


以前、同僚にこれを見せたら、大興奮!もちろん、A4でプリントしてプレゼントしました。

中央本線屈指の撮影地だけあります!


2012年4月 中央本線 新府~穴山。

  1. 2012/06/27(水) 20:00:00|
  2. 中央本線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて 只見線 その11


哀愁のカメラマンのブログ


無人駅ですが、愛好家では、さくらで有名な駅です。ちかくに温泉がありますので、寄ってみる価値のある

ほのぼのした駅です。


2012年5月 福島県大沼郡金山町 只見線 会津中川駅

  1. 2012/06/26(火) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて 只見線 その10


哀愁のカメラマンのブログ


只見線は、山々のふもとをぬって、川を何度も渡り、トンネルを抜け、数々の集落を通って行きます。

列車からは、さまざまな奥会津の生活を少し垣間見ることができます。

都会に住んでいる人ならば、どうしてこんなところに住んでいるのか?と思うかもしれません。

でも、都会に住んでいる人に、理由があると同時に、奥会津に住んでいる人にも奥会津に住む理由があるはずです。

理由は同じことのように思います。

ここへ何度、足を運んでも飽きない魅力を感じるのが奥会津なのです。


2012年5月 福島県大沼郡金山町 只見線 会津中川~会津水沼

  1. 2012/06/25(月) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて 只見線 その9


哀愁のカメラマンのブログ



2012年5月 福島県大沼郡三島町 只見線 会津宮下~早戸。

  1. 2012/06/24(日) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて 只見線 その8


哀愁のカメラマンのブログ



哀愁のカメラマンのブログ




折り返した只見線は、奥会津の山々をぬうように鉄橋を渡り、トンネルと抜けて、会津盆地へ向かって下っていく。

行きは、会津坂下から会津坂本の心臓破りの大坂をエンジンが焼き切れるんじゃないかと思うくらい、長い間ものすごいエンジン音をたてて登っていくけど、下りは、軽やかに会津盆地へすべりこんでいく。

私はというと、それと同時に奥会津から帰ってきた=寂しさを感じるのは、私だけだろうか?


いつも感傷的になるのはなぜだろうか?と思う。


只見線には、そう感じさせる何かがあるんだと思う。


2012年5月 福島県大沼郡三島町 只見線 早戸~会津宮下

  1. 2012/06/23(土) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて 只見線 その7


哀愁のカメラマンのブログ

只見線は、会津若松から60キロ先の会津川口までを約2時間かけてゆっくりとのんびりと走る。


首都圏の在来線で60キロ先だと1時間。2時間となれば、120キロ先となる。

そう考えると、只見線のローカル線たるゆえんは理解していただけるだろう。


2時間の走行を終え、午後の折り返しのため、エンジンは停止して自らのからだを休める。

傍らの只見川のせせらぎと小鳥のさえずり、林を通る風の音が聞こえるのみ。


2012年5月 福島県大沼郡金山町 只見線 会津川口駅周辺にて。



  1. 2012/06/22(金) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて 只見線 その6


哀愁のカメラマンのブログ

集落には必ずといっていいほど、神社やお寺がある。

神社に人はいないけど、集落で管理していて、いつもきれいに掃除されていることに気付いた。

神や仏を大切に重んじることが昔から当たり前のようにしているからこそ、こういった風景が守られているんだと感じた。


2012年5月 福島県大沼郡金山町 只見線 会津中川~会津川口。

  1. 2012/06/21(木) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて 只見線 その5


哀愁のカメラマンのブログ

奥会津の春は、会津若松より遅い春である。

春の風は、只見川を逆行するように、奥会津に到達しているようだ。

さくらは、風が吹き始めてしまうと、散ってしまうので、本当に出会いは運試ししているように思う。


2012年5月 福島県大沼郡金山町 只見線 会津中川~会津川口。

  1. 2012/06/20(水) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて 只見線 その4


哀愁のカメラマンのブログ

さくらに誘われて、降りた駅は無人駅。駅前はさくらが満開。天気はあったかく、座っていれば、旅の疲れもあって眠ってしまいそうだ。

歴史を刻んだ駅は、本当に絵になる。

そんな駅を見ていたら、おばちゃんがこっくりと眠っていた。

心のどかにするこの地でしかありえない光景。

そんな思いをかみしめながら、シャッターを切った。


2012年4月 福島県大沼郡柳津町 只見線 会津柳津駅。

  1. 2012/06/19(火) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて 只見線 その3


哀愁のカメラマンのブログ

さくらは、列車通過時に、風とともに、たくさんの花びらが舞い、散っていきます。それは、時にさくらのダイヤモンドダストのようになります。

写真ではそれをうかがい知ることは、難しいですが、現地で撮影しているとそんな場面に出会うことが多く、感動していました。


2012年4月 福島県大沼郡柳津町 只見線 会津柳津~郷戸

  1. 2012/06/18(月) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて 只見線 その2


哀愁のカメラマンのブログ


哀愁のカメラマンのブログ

春の陽だまりの中、さくらが神々しく咲いているのが、誇らしげです。

さくらは、たくさんの枝にさくらのつぼみをつけ、季節の一瞬のために一年間、沈黙するかのように、緑の枝葉で過ごします。

人間も、いつかは一瞬でもいいから、輝きたいと思い人生を歩んでいることと同じように、、、、、、


2012年4月 福島県大沼郡柳津町 只見線 会津柳津~郷戸

  1. 2012/06/17(日) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて 只見線 その1


哀愁のカメラマンのブログ



哀愁のカメラマンのブログ


本日より、只見線シリーズです。乞うご期待!


只見線は、福島県会津若松市から新潟県魚沼市小出を結ぶ、JR東日本屈指の超ローカル線。

時刻表を見ていただくと、1ページで済んでしまうくらい、列車本数が少ないのです。

しかし、2011年7月下旬に、新潟福島を襲った集中豪雨により只見川が大氾濫して、上流のダムが壊滅的な打撃を受け、只見線の鉄橋が流され、川の沿岸の集落に浸水があり、甚大な被害・影響がありました。そのため、只見線の一部が今でも、運休となっています。

最近、新潟側の大白川~只見の復旧工事のアナウンスがあり、復旧に向けて頑張っています。


去年3月の福島原発の事故以来、福島というだけで、旅行のキャンセルが相次いでいたところに、集中豪雨による只見線の運休は、とどめを刺したように思われました。

私は、その集中豪雨の直後の一部開通したあとも、只見線で奥会津へ通いました。


そして、今年は只見川の流れに逆らうような桜前線を追って北上していきました。

満開のさくらは、一瞬の輝きを懸命に現わし、散って行きました。




2012年4月 福島県大沼郡柳津町 只見線 会津柳津~郷戸


  1. 2012/06/16(土) 20:00:00|
  2. 只見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏のライムグリーンに誘われたあとで、、、、


哀愁のカメラマンのブログ

会津から東京へもどるとなると、夜になります。終点の浅草には、東京スカイツリーが見える隅田公園があります。そこで夜景撮影してみました。(以前の写真の使いまわしです、、、、)

会津行って、帰りに東京スカイツリーを撮る。

なんて、ワンダフルな旅行だこと!


2012年5月 東武スカイツリーライン 浅草~東京スカイツリー(旧業平橋)

  1. 2012/06/15(金) 20:00:00|
  2. 建築物・その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏のライムグリーンに誘われて その8

哀愁のカメラマンのブログ 哀愁のカメラマンのブログ


左がさくらの季節に同じ立ち位置で撮影した写真。

右がさくらの季節を終え、ライムグリーンに彩られたさくらの木々。

(スマホでは、桜の写真が上、緑が下になります。。。。。。)


季節ごとに同じ視点で見比べるとまた楽しいですよね。


会津鉄道 芦の牧温泉南駅にて。


  1. 2012/06/14(木) 20:00:00|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏のライムグリーンに誘われて その7


哀愁のカメラマンのブログ

初夏のライムグリーンの森林の中の駅にすべりこむ。赤マウント。



2012年5月 会津鉄道 塔のへつり駅。

  1. 2012/06/13(水) 20:00:00|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏のライムグリーンに誘われて その6


哀愁のカメラマンのブログ

ド定番の場所です。回りは、大川ダムで、そのダムにかかる橋から撮影しています。


国道からも離れている場所で、近くには集落があり、とってものどかで静かです。ほとんど車の往来もありません。もちろん人が歩いているのもマレです。

私を除いて。。。。。。(爆)


駅へもどろうとしたら、草むらからガサガサと音がして、「ヘビか!」と思ったら、野うさぎでした。最初は、猫かな?と思ったんですけど、よく見たら、ちょっと飛んでいました。

野うさぎに出会ったのは、初めてでした。イイ経験をしました。


会津鉄道 芦の牧温泉南~湯野上温泉 AIZU尾瀬マウントエキスプレス【赤マウント】

  1. 2012/06/12(火) 20:00:00|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏のライムグリーンに誘われて その5


哀愁のカメラマンのブログ

後方の山々のなんと美しいこと!トロッコ列車はトラス橋にいったん止まって、景色を見せてくれます。天気もいいし、開放的になりますね。


会津鉄道は、まだまだ未開なところがたくさんあるので、また行きたいですね。

でも、ここはもう行きたくありません。。。。。(その理由は内緒)

  1. 2012/06/11(月) 20:00:00|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会津鉄道ヒストリー

今日は、緊急更新です!


私が、会津へはじめて行ったのは、今から20年以上前になります。

そうなると、年齢がバレてしまいますが、、、、、、(爆)


そもそも、鶴ヶ城へ行きたくて当時、開通したての野岩鉄道を経由して、会津若松まで行ったのが、最初です。


当時の記憶はあいまいでしたが、アルバムを整理していたら、昔の会津鉄道の車両写真が出てきたので、アップしてみました。

ちなみに写っているのは、20年前の湯野上温泉駅です。茅葺の屋根の駅舎は現在と同じ状態を保っています。


もうひとつは、去年の秋に訪れたときの写真です。


参考としてご覧いただければ幸いです。



哀愁のカメラマンのブログ
2011年秋の湯野上温泉駅



哀愁のカメラマンのブログ
20年前1992年くらいの湯野上温泉。車両が昔のものです。

  1. 2012/06/11(月) 17:51:11|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏のライムグリーンに誘われて その4


哀愁のカメラマンのブログ



会津鉄道は、会津高原尾瀬口から会津下郷あたりの田んぼを抜けると山間部へと入ります。


山や谷をぬう様に。。。。。まるで只見線に似ています。


場所は、昨日と同じところです。結構危険なところだったので、伏せさせていただきます。もちろん、自己責任の下でお教えすることはできますが、、、

  1. 2012/06/10(日) 20:00:00|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏のライムグリーンに誘われて その3


哀愁のカメラマンのブログ


この場所が某サイトで紹介されて行ってみたまではよかったが、、、、、、

歩道のない場所で、ガードレールの向こうは、即、崖でした。。。。。

あんまり、おすすめできません。


なので、場所は伏せさせていただきます。

  1. 2012/06/09(土) 20:00:00|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏のライムグリーンに誘われて その2


哀愁のカメラマンのブログ

列車は、川沿いをぬいながら、会津盆地をめざして行きます。

ライムグリーンは、5月でないと見ることができないし、時期を逃してしまうとすぐに深緑になってしまう、一瞬的な森林の季節なのです。


汽笛が響くと傍らで田んぼの田植えの手を休めて、手を列車に降っていました。まるで、「会津へようこそ」と言っているように思えました。

そうした、おもてなしの心ってのが、会津にはあります。だから、私は通うのです。


会津へ。



会津鉄道 湯野上温泉~塔のへつり AIZUマウントエキスプレス(白マウント)

  1. 2012/06/08(金) 20:00:00|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏のライムグリーンに誘われて その1


哀愁のカメラマンのブログ


有名な撮影地で、ライムグリーンに出てくる一瞬のすきを仕留めました!

1両の方が、集中力がでますね。3両だとレリーズチャンスをものにできなかったり、、、、、(アレレ、、、)


会津鉄道 某撮影地にて。


  1. 2012/06/07(木) 20:00:00|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて その4


哀愁のカメラマンのブログ

最後の楽しみは、夜の列車をバルブ撮り。風が吹いて花吹雪となり、幻想的でした。初夏はもうすぐ、そこまで来ていました。


会津鉄道 芦の牧温泉駅にて。

  1. 2012/06/06(水) 20:00:00|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて その3


哀愁のカメラマンのブログ

芦の牧温泉駅で夜景撮影の合間にさくらバルブで撮っていたら、急に雲台が回転してしまい、こうなりました。これはこれでいいということで、、、、、、



会津鉄道 芦の牧温泉駅にて。

  1. 2012/06/05(火) 20:00:00|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて その2


哀愁のカメラマンのブログ

通称;赤マウント。正式名;AIZU尾瀬マウントエキスプレス。車内に看板があって、アテンダントの女性車掌がいれば、一緒に写真を撮らせてくれるそうです。

列車を待っていると道の向こう側から熊鈴を持ってウオーキングしている人を見ました。そう思うと、後方の山にいるんじゃないか?と怖くなってしまいました。


会津鉄道 大川ダム公園駅 AIZU尾瀬マウントエキスプレス 鬼怒川温泉行き。

  1. 2012/06/04(月) 20:00:00|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さくらに誘われて その1

春から撮りためていた写真を順次アップしていきます。




哀愁のカメラマンのブログ

さくら満開、春全開!おいらの三脚のエレベーターは最上階(開)!
芦の牧温泉南駅の撮影地は、高い金網の上から撮らないとならないので、大変でした。


会津鉄道 芦の牧温泉南駅 AIZUマウントエキスプレス 喜多方行き。

  1. 2012/06/03(日) 20:00:00|
  2. 会津鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラジオの爆笑ネタの元祖。

文化放送で谷村新司とばんばひろふみがパーソナリティーを勤めていた伝説の番組がある。

20年くらい前に、さだまさしのセイヤングが放送されていた時期に、さだまさしが休みをとったときに、代役として二人が天才・秀才・ばかとして、出演した放送を聞いたのが、きっかけでした。そんな中、当時のラジオを正規CDとして発売された。

内容は、ひどすぎるけど、面白い。ただ、放送上、ふさわしくない。


よく、公共放送の中でオンエアしたし、今ではこんなあからさまな放送はできないと思う。そう思うと、恐ろしくなる。


http://www.youtube.com/watch?v=1mL91lffyOA


天才・秀才・ばかは、三段オチの元祖だと思います。でもそのネタよりも、ペンネームで笑ってしまう。上品にいえばお下劣すぎる。


でも笑ってしまうのは、なぜだろうと思ってしまう。。。。。

  1. 2012/06/02(土) 20:00:00|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たまゆら。

Author:たまゆら。
「哀愁のカメラマン。」改め、「たまゆら。」です。
写真は、結局ファインダーのだけの世界。その世界は、狭いようで懐が広く深い。「凄い!」写真は、ありませんが、日常に溶け込んだ鉄道写真、たまにエッジの効いたスナップ!?を撮っております。
たまゆら。は数時間待っていても、その瞬間にも、その一瞬のために、数秒のために、現れる鉄の宴のために、今日もシャッターを切る。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (16)
ブログ (29)
コラム (23)
只見線(魚沼側) (31)
只見線 (296)
モバイル・パソコン関連 (3)
B級グルメ (2)
中央本線 (91)
カメラ関連 (2)
東北・上越・北陸新幹線 (11)
がんばれ!京王線 (50)
小湊鐵道 (15)
建築物・その他 (6)
音楽 (1)
会津鉄道 (81)
いすみ鉄道 (1)
東武鉄道 (32)
京王井の頭線 (10)
ゆりかもめ (1)
東海道新幹線 (7)
夜景 (36)
磐越西線 (11)
野岩鉄道 (31)
都電荒川線 (4)
小便小僧 (7)
夜鉄 (21)
宇都宮線 (13)
JR貨物 (1)
街撮り通りの人びと。 (7)
わたらせ渓谷鉄道 (1)
北越急行 (1)
京浜東北線 (19)
岳南鉄道 (1)
湘南新宿ライン (8)
帝都高速度交通営団 (6)
南武線 (4)
山手線 (83)
総武線 (8)
京成電鉄 (7)
小田急電鉄 (1)
東京メトロ 副都心線  (1)
信越線 (1)
多摩都市モノレール (4)
小便小僧のある風景。 (14)
武蔵野線 (2)
東北本線 (4)
NICHIJYO (1)
都営地下鉄 (5)
Tokyo shutters (5)
スナップ (2)
小海線 (2)
西武鉄道 (1)
鶴見線 (6)
伊豆急行 (3)
東海道本線 (1)
上野東京ライン (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR